猫は吐くもの?

猫は吐くもの?

猫の嘔吐は吐くことが多い動物で、日常的に吐いています。このように言うとちょっと驚くかもしれませんが、ですから飼い猫が吐いたからと言って、あまり気にすることもありません。しかしながら、病気で吐く場合もありますから、完全に無視もできません。

 

猫が吐く理由の最も大きなものは、キャットフードが合わないという場合です。消化や吸収がうまくできないものが体内に入ると、体が受け付けずに吐く原因となります。キャットフードの中には、食肉としては使えないようなもの、羽やくちばし、ひづめ、爪など様々なものが混合されているものも多く、それらが原因になっていると考えられています。

 

そういったキャットフードは、当然ながらアレルギーなどのトラブルの原因にもなります。しかしながら、原材料の表記を見ても何が入っているかわからないため、対処が難しいのです。

 

そうでなくとも、食事アレルギーは、同じエサを与え続けることで起こることもあります。昨日まではしっかり食べていたのに、急に吐いたり、体をかきむしるなどの症状が見えることもありますので注意しましょう。こういった症状が見られたら、なるべく早く動物病院を受診してください。

 

他にも吐き出す原因は様々にありますが、体を守るための行為とはいえ、体に負担のあることは間違いありません。食事を消化の良いものにしたり、食事の量を見直したりしながら、様子をよく観察しましょう。続くようなら病院を受診するようにしましょう。