猫に多く見られるノミアレルギー

猫に多く見られるノミアレルギー

ノミが猫にとっては大きなアレルギーの原因になります。ノミアレルギーによる皮膚炎は、首、背中、お尻などに発疹が見られるようになり、また脱毛が見られることもあります。かゆみが出ているため、かきむしったり、また壁や地面にこすりつけるようにする動作が見られます。これらによって、時には出血することもありますので注意しましょう。

 

ノミアレルギー性皮膚炎と呼ばれるこの症状は、ノミが寄生し、吸血する際に唾液中のタンパク質にアレルギー反応を起こしていると考えられています。全てのノミがトラブルの原因になるのでもなく、全ての猫がノミの寄生によってこのアレルギーを発生するとも限りません。症状の程度も有無も個体差があります。中にはノミがわずか1匹寄生しただけでもアレルギーを発することもあるようです。

 

ノミアレルギー性皮膚炎の治療は、ホルモン剤や抗アレルギー剤などによってアレルギー反応を抑えつつ、ノミの予防・駆除剤によるアレルゲンの除去を行っていきます。とは言え、感染源はおそらく室内の生活環境ですから、その部分をしっかり清掃して清潔に保つ必要があります。

 

多頭飼いをしている場合には、症状は無くとも他の猫に感染している可能性もありますので、全ての猫に関してしっかり検査をし、予防・駆除薬を投与する必要があります。一度アレルギーが出ると、その後もいろいろ気を使うようになりますから、できるだけ最初から感染源になるノミとの接触を減らすためにも室内をきれいに保ちましょう。